効果が高いコスメ

ドクターズコスメの歴史

美容

化粧品と医薬品を組み合わせたドクターズコスメは1970年代にアメリカで生まれました。その後日本でも美容皮膚科という皮膚科と美容外科を組み合わせた診療科目が誕生し、ドクターズコスメという考え方が浸透するようになりました。 その頃は今ほど美容皮膚科は浸透していませんでしたが、「いつまでも若々しくいたい」という女性が増えたことや、美容医療が進化したことにより、美容皮膚科は急速に普及していきました。 美容外科とは違い表皮に傷をつけないで若返りができる美容皮膚科は今ではプチ整形ができるクリニックとして人気です。また、美容皮膚科で買えるドクターズコスメもワンランク上のスキンケアができるアイテムとして主婦やOLなどに支持されています。

美容皮膚科で処方してもらう

ドクターズコスメは医師が開発に携わっている化粧品ということになっています。しかし、定義はあいまいで、本格的に研究から開発まで医師が携わっているドクターズコスメもあれば、ただ名義貸しをしている程度のドクターズコスメもあります。 また、含まれている成分も商品によって違い、医薬品が入っているものもあれば、入っていないものもあります。少なくとも本物のドクターズコスメを手に入れたいなら美容皮膚科で買うことをおすすめします。美容皮膚科なら医師に診断してもらい、自分の肌にあったドクターズコスメを提案してもらえます。ニキビやニキビ跡、シミなどに効果がある成分が配合されていて、スキンケアをしながらケアができます。